必要な予算の目安

ハウスメーカーを選ぶ際の着目点

ハウスメーカーを選ぶ際のポイントの1つとして、商品であるその注文住宅の安全性が挙げられます。耐震性に優れた工法或いは断熱性の高い素材の使用など、家族の安全を考慮した場合ハウスメーカーを選ぶ際の重要なチェックポイントといえます。地震と台風などの自然災害が日本では発生する機会が少なくないため、災害対策がしっかりしている構造の施工を提供するハウスメーカーを選ぶことも大切です。また年間の気温差が大きい地域の場合は、温度変化に対応可能な構造を提案するハウスメーカーを検討してもよいでしょう。これらを踏まえていることで外装と屋根や壁なども、気候に適合した仕様を採用することで住みやすい注文住宅の実現が可能です。

必要な費用の種類と内容

注文住宅を建てる際は土地購入の有無により費用が大きく変動します。立地により土地は金額差が発生し都心または駅近など、便利な場所程高い傾向があります。そのため希望する土地がある場合は、土地相場を事前に調べておく必要があります。また注文住宅を建てるための費用内には基礎工事及び内装仕上げ、設備機器の設置工事など建設にかかる建築費用が含まれています。依頼するそれぞれのハウスメーカーなどにより、坪単価における建築費用も異なります。さらに注文住宅を購入する場合は諸費用も高額になり、その目安は物件価格に対して5から8パーセントの課税が下されます。他にも諸費用には不動産取得税並びに印紙税などの税金、所有権移転登記をはじめそれに関する司法書士報酬や火災保険料などが発生します。そして住宅完成後の引っ越し費用や、家具或いは家電などを購入する際の費用も認識しておく必要があります。